【始めよう資産形成】宝くじ並み!?生涯賃金はどのくらい受け取れる?上手な付き合い方は?

夢の高額当選、宝くじ。

色々な種類が発売され、1等5億円もするものもありますね。
高額当選すれば良いですが、現実はそう簡単にはいきません。

でも、皆さんは一生のうちに宝くじと同じくらいの金額を手にすることに気づいていますか?

今回は皆さんが一生涯で獲得する生涯賃金について見ていきましょう。

 

生涯賃金って何?

生涯賃金とは、字の通り一生涯で手にする収入のことを表します。

多くの人は高校卒業あるいは大学卒業の18歳~22歳頃から働き始め、定年を迎えるのが60~65歳頃。
この約40年間で手にする収入のことを指します。

もちろん働き方によってはこれ以上長く働く場合も、短く働く場合もあります。

生涯賃金はその人の働き方によって大きく変わってくるのです。

平均的な生涯賃金の額は?

生涯賃金は働く期間や企業規模など、条件によって変わってくると言われています。
ここでは、労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計 2020」をもとに、学歴別・企業規模別・男女別に平均生涯賃金を見てみましょう。

このように見てみると、男女ともに企業規模が大きくなるほど生涯賃金が大きくなっているのがわかります。
また学歴を見ても、大学卒ほど生涯賃金が大きくなっていますね。

その人の就業環境によって生涯賃金も変わるのです。

手取の生涯賃金を上手に使うには・・・

生涯賃金が手取額に変換され、当初よりも金額が小さくなってしまいましたね。
ここで大切なのは、残った1億4000万円とどのように付き合っていくか、です。

1億4000万ものお金が40年のうちに手に入るのなら楽々生活できる!
と手放しで喜んではいけません。

ここから更に人生の3大支出(住宅費・教育費・老後資金)がかかってきます。
これらに係る金額も考慮したうえで、残ったお金とどのように付き合っていくかが非常に大きなポイントになります。

そのためには早い段階から将来の計画を立てて、お金との付き合い方を効率的におこなっていく癖をつけておくことが必要です。

どれだけのお金をこれから先の人生で手にし、そして使っていくのか。
大まかでも良いのでまずは表などにして書き出してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は生涯賃金について見ていきました。

宝くじに匹敵するほどの金額を私たちは一生涯をかけて受け取ります。
どうせだったら損のないようにこのお金と付き合っていきたいですよね。

そのためにもまずは計画を立てることからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

長野の危機管理コンサルティングはフューチャー.ラボまで

皆さんの暮らしに潜むリスクを一緒に考えてみませんか?
リスク診断や資産形成サポートにご興味のある方はフューチャー.ラボまでお問い合わせください。

既にトラブルを抱えている、士業の紹介をしてほしいという方も
ご相談内容に応じてサポートいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

☎0800-8000-601(通話料無料)
受付時間 平日9:00~17:00
※現在は長野市・北信エリアを中心に対応しております

関連記事

  1. 【考えよう危機管理】万が一の備え 備蓄が必要なものと量は?

  2. 【始めよう資産形成】資産形成のリスクを抑える3つのポイントとは?

  3. 【危機管理を知ろう】リスクマネジメントとクライシスマネジメントとは?

  4. 【考えよう危機管理】ハザードマップでお住まいの地域の災害リスクをチェッ…

  5. 【始めよう資産形成】長期・積立・分散投資 資産形成のリスクを抑える極意…

  6. 資産形成初心者の方のための資産形成の考え方

Top