資産形成初心者の方のための資産形成の考え方

「これまでなんとなくでしかお金を貯めていなかった」

「社会人にもなって、全然貯金が出来ていない…」

といった悩みをお持ちではないですか?

そう感じた時が資産形成を始める最大のチャンスです。

今回はこれから資産形成を始めようと思っている「資産形成ビギナー」の方にぜひ押さえておいていただきたい考え方をご紹介します。

資産形成ができていない大人は多い?!

大人になれば誰でもお金を貯めて趣味を満喫したり、家族を幸せにしたり…それが当たり前だと思っていたのに、現実はそうではなかった…。

そんな風に感じる方も多いはず。実際に資産形成は格差が大きくなっています。

金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査(2020年)」によると、2人以上の世帯で金融資産を持っていない割合が16.1%、単身世帯になると36.2%と2人以上世帯の倍以上の数値が出ています。

つまり2人以上世帯の場合はおよそ6世帯に1世帯が、単身の方はおよそ3人に1人金融資産を持っていないということになります。

 

保有額の平均値と中央値の比較も見てみましょう。

平均値 中央値
2人以上世帯 1,436 万円 650 万円
単身世帯 653万円 50万円

平均値と中央値でこれだけの差が生まれるのは、保有者の中でも大きな差が生まれているからでしょう。

 

超低金利が続き賃金もなかなか上がらず、資産形成を行うには厳しい状況が続いています。

それでも将来を考えると資産形成はおこないたいものですよね。

資産形成は始めようと思った時が始め時です。

良い形で資産形成をスタートできるように、第一歩を踏み出すために何が大切なのかをまずはしっかり理解しておきましょう。

 

目的を明確にする

一番大切なことは「なぜ資産形成をするのか」の目的を自分自身の中で明確に持つことです。

目的が具体的であればあるほど、資産形成は続けられますし上手くいきます。

「10年後に独立起業するため」

「30代は毎年海外旅行に行きたいから」

「老後こそ自由に好きなことをして暮らしたいから」

どんな目的でも大丈夫です。「なぜやるのか」にはっきりと答えられるように、目的を持ちましょう。

 

マラソンはゴールがあるからあれだけの長距離を頑張れます。

資産形成も同じです。目的がなければ資産形成がただつらいだけになるかもしれませんが、

目的を持つことでまっすぐ資産形成を続けることができます。

自身のキャッシュフローを見える化する

目的がはっきりしたら今度はそこに向かっていくための自分の力を分析しましょう。

分かりやすい方法が自分のキャッシュフローを一度書き出すことです。

  • 毎月の給与、年間のボーナス、そのほかの収入を合わせていくらもらっているのか
  • 家賃や光熱費、食費、娯楽など、合わせていくら出ていっているのか
  • 収入と支出を差し引いた金額が本当に手元に残っているか

など、細かく見るほど改善点や実力が見えてきます。

 

詳しく見える化したいときはプロに相談してみるのも手です。

今まで意識したことがない場合やまずは自分で分析したい場合は、1ヶ月ほど支出を記録してみましょう。

それだけでも気づかなかった支出や知らずに消えていったお金の行方が見えてきます。

 

見えてくることでどれだけ貯める力があるのか、どこに改善の余地があるのかがわかり、ストレスなく資産形成に取り組めるようになります。

継続は最大の強み

そして何より忘れてはいけないことが、続けることです。

継続は力なり、小さな積み重ねも続けることで大きな成果に繋がります。

毎月大きな金額を無理に資産形成にまわしても、続かなければ意味がありません。

無理のない範囲、続けられる範囲でまずは始めていきましょう。

 

資産形成が習慣として身に着く頃には、始めたばかりの頃よりも大きな金額を資産形成にまわせるようになっていることも良くあります。

歩き始めた資産形成の道のりを途中でリタイアすることなくゴールにたどり着けるよう、継続することを念頭に置いて資産形成を始めましょう。

まとめ

今回は資産形成をこれから始めるビギナーの方に押さえておいていただきたい考え方をお伝えしました。

資産形成のスタートに早い・遅いはありません。

「やらなきゃかな」と思ったその時が始め時です。

ぜひそのタイミングを逃さず、最高の資産形成第一歩を踏み出してください。

 

 

長野の危機管理コンサルティングはフューチャー.ラボまで

皆さんの暮らしに潜むリスクを一緒に考えてみませんか?
リスク診断や資産形成サポートにご興味のある方はフューチャー.ラボまでお問い合わせください。

既にトラブルを抱えている、士業の紹介をしてほしいという方も
ご相談内容に応じてサポートいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

☎0800-8000-601(通話料無料)
受付時間 平日9:00~17:00
※現在は長野市・北信エリアを中心に対応しております

関連記事

  1. 【危機管理を知ろう】顕在リスクと潜在リスク 2つのリスクを理解しよう

  2. 【危機管理を知ろう】リスクマネジメントとクライシスマネジメントとは?

  3. 資産形成はなぜ必要?2つの理由と資産形成を続けるポイントをチェック

  4. 【20代の資産形成】若さは最大の武器!時間を味方に効率良く

  5. 危機管理と資産形成?その関係と必要性を考える

  6. 資産形成と資産運用の違いは? どちらから始めれば良い?

Top